隠れ資産が約28万円!?

👑50代の女性に聞いてみた「死ぬまでにしたい10のこと」
1位 モノの売却

2位 モノの片付け
3位 国内旅行
4位 おいしいものを食べる
5位 個人的な持ち物の整理
6位 会いたい人に会いに行く
7位 資産整理
8位 遺言書を書く
9位 エンディングノートを書く
10位 海外旅行 

吉永小百合と天海祐希w主演の映画『最高の人生の見つけ方』(2007年にジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン共演のアメリカのリメイク版。)が話題になりましたよね。映画館に足を運んだ方も多いのではないでしょうか。

自分の余命を知ったら、死ぬまでに何をしたいだろうか

終活ブームにさらに拍車をかけたような気がします。映画公開後2週間ほど経ってから、50代以上の女性に「死ぬまでにしたいこと」についてアンケートをとった結果(上記)、モノの整理・片付けに関することが1位・2位にランクイン。その理由には、
「家族の迷惑にならないように。(岩手県60代、会社員)」
「残された人が行う後始末の軽減(神奈川県70代・専業主婦)」
「親がなくなった時の整理が大変だったので(北海道60代・専業主婦)」
「家の中が散らかっているのでスッキリさせたい(岩手県60代・パート)」
「子どもたちに迷惑をかけないように(大阪府70代・専業主婦)」
など残された家族への負担を減らしたいという想いが強くあるようです。これは全国アンケートの結果ではありますが、実際にハセプロやたすか〜るへご相談にこられる方もそうした想いをお話くださいます。

さて、その中でも注目すべきは、「モノの売却」が1位になっていることです。

ただ捨てるなら少しでもお金になったほうが良いし、必要な人に使ってもらった方が嬉しいですもんね。フリマアプリでおなじみの『メルカリ』では、こんな集計結果が出ているようです。


(https://markezine.jp/article/detail/30284参照)

一人あたりの平均月間売上額は17,348円であり、これはおおよそ1世帯あたりの1ヵ月の水道・光熱費(18,225円)に相当。年代・性別ごとにみると、60代以上の男性が31,960円と最も高く、次いで60代以上の女性が29,788円40代男性が24,639円と続いています。年齢を重ねるにつれて、自宅に眠っている不用品を現金化していることがうかがえますね。

 

また別の調査では、1世帯あたり約70万、一人あたり約28万円の隠れ資産が潜んでいる!なんて結果も出ているようです。

「片付け」に付加価値をつけて楽しむ♪
気になることがございましたら、お気軽にご連絡ください^^

 

相続事業部
たすか~る事業部

遊佐 奈央子